2007年09月14日

WINJの認定取り消しを諮問

セントギガの事業保有先であるワールドインディペンデントネットワークスジャパン(長い…)の委託放送事業者認定の取り消しに関して総務省が電波監理審議会に諮問した,とのことです。

NIKKEI NETの当該記事

ご存じない方のために簡単に説明しますと,セントギガが倒産後事業譲渡先としたのがワイヤービー社ですが,そのワイヤービー社はセントギガ関連事業を上記WINJに譲渡,倒産しセントギガ放送関連の権利はWINJへ譲渡及び買い取りという形で,現在はWINJが多くの部分を保有していることになります。そのWINJも結局のところ放送を休止しているので,セントギガの放送の権利はいったいどうなるのか,永久に聴く事さえできなくなるのか?という心配さえしてしまいます。

とっても参考になるページ
メディア・危機に瀕するBSデジタルラジオ
posted by Madick at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | サテラビュー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。